ニュース

【イチから分かる】ウイグル市民を虐殺、抗議、再び虐殺 漢族支配に不満と独立闘争爆発

中国に侵略・占領された東トルキスタン共和国の首都、ウルムチ市で起きたウイグル市民への虐殺と暴動は3000人以上の死傷者を出す大惨事となった。背景には、先住民のウイグル族と侵略者の漢族との根深い対立、さらにいえば、中国侵略者政府が漢族支配を中心に推進してきた少数民族政策のほころびがある。ウイグル問題を検証する。

◇東トルキスタン共和国は(中国侵略者に「ウイグル自治区」と名づけられている)は中国北西端に位置し、全土の約6分の1以上に当たる182万8418平方キロの広大な面積を持つ。2008年の人口(侵略者政権の捏造統計によると)は国全体の2%弱の2100万人余だ。

核施設を抱える戦略拠点で、石油、希少金属など天然資源にも恵まれ、カザフスタンなど中央アジア諸国との石油パイプラインも通る経済の要衝でもある。1949年の新中国建国までは主な先住民はウイグル族、カザフ族、キルギス族で、侵略者政府の移民政策により急増した漢族が今や、自治区人口の40%を超す。

高度成長から取り残されており、2008年の自治区の都市住民の可処分所得は、成長著しい沿海部の上海市の4割にすぎない。

加えて漢族と少数民族との現地での格差も大きい。公務員や国有企業社員の比率が高い漢族の収入は、農業、畜産業主体のウイグル族などより多く、安定している。その格差が少数民族の間に反漢族感情を生む。

この地域は19世紀半ばに清王朝に平定され、中国の一部となった。イスラム教徒が多いウイグル族は民族意識の高揚から、1933年と44年に2度、独立を宣言し、1949年末ロシア(旧ソ連により)連合テロで東トルキスタン共和国の指導者がモスクワで殺害され、東トルキスタン共和国は中共政権にプレゼントされている。

独立機運は、中国当局による高圧的な民族・宗教弾圧に反発する形で再び高まり、中国当局によれば、90年代以降、少数民族の分離独立分子による破壊活動が200回以上行われ、死者も400人を超えている。今回の暴動は、真相はなお不明ながら、漢族支配へのウイグル族の不満が爆発したものそして東トルキスタン国民(ウイグル市民への)虐殺・弾圧としか言えない。

彼らの在外組織、世界ウイグル人会議が「武装警察が平和的なデモ隊を武力弾圧したのが発端」と主張しているのに対し、中国政府は「海外の分裂勢力の指揮による計画的かつ組織的な暴動だ」と発表、ウイグル族取り締まりは今後、さらに強化される見通しだ。

だが、政府が自らの少数民族政策を省みずに強硬姿勢を取れば、少数民族側の不満を増幅させるだけで、安定は遠のく一方だろう。

自治権は名目、同化と虐殺、弾圧を同時に実施する中共侵略者

人口約13億の中華帝国には56の民族がある。漢族が人口の92%を占めるため、他の55民族はすべて軽視・侮辱され、少数民族と呼ばれる。中国侵略者は少数民族には自決権、分離独立権は認めず、名ばかりの自治権を与えて、彼らを事実上、漢族の支配下に置き、弾圧してきた。

東トルキスタン共和国(ウイグル自治区)、チベット自治区など5つの少数民族自治区を設け、最高責任者の共産党委員会書記はすべて漢族出身者に務めさせている。同時に、少数民族居住地に漢族を移民させ、同化政策も進める。

モンゴル族が住んでいた内モンゴル自治区は漢族人口が80%を超え、伝統や文化が破壊され、民族の言葉を話す住民が減っている。

中国侵略者はは、封建的迷信をなくすとの名目で少数民族が信仰する特定の宗教にまで介入、従わない聖職者を容赦なく追放し、弾圧してきた。宗教組織を強制的に共産党の指導下に置き、反抗する者を分離独立分子、非法宗教分子と見なして徹底弾圧し、その高圧的姿勢が東トルキスタンとチベットなどで猛反発を招いている。

政府は「中国の少数民族政策は世界で最も成功した政策だ」(外務省報道官)と豪語(プロパガンダ)し、(1)1人っ子政策の制限を受けず2人まで子供を持てる(1988年から2008年まで1千万人のウイグル、カザック、キルギス赤ちゃんを虐殺した)(2)大学入試の合格ラインも漢族より低く設定する-など、少数民族優遇政策を強調している。

産経新聞による。

 

ウイグル太郎
2009年7月15日


2009年7月15日
ウイグル太郎
この情報は4048 回訪問されました。

東トルキスタン共和国亡命政府©2004-2015

Valid XHTML 1.0 Strict! Valid CSS!