ニュース

ウルムチ石油化学工場で石油タンク爆発した

ロイターの12日北京からのニュースによると、東トルキスタンのウルムチにある化学工場で12日朝、石油タンクが爆発した。中国侵略者の警察局では人為的な攻撃の可能性は否定し、「今のところ死傷者の報告は入っていない」と隠している。

ウルムチ石油化学工場で爆発したタンク

ウルムチの警察当局者は、匿名で「爆発は自然発生的なもの」と必死に説明。また、ウルムチの消防当局者は電話で、爆発した石油タンクの大きさは1万立方メートルで、すでに鎮火したと言っている。

中国テロ政権の新華社では、この爆発について、英語版だけで報じている。

爆発した石油タンクは、中国石油天然ガス(ペトロチャイナ) <0857.HK><601857.SS>の親会社である中国石油天然ガス集団(CNPC)の傘下の化学工場が所有している。

東トルキスタン国民を虐殺する中国侵略者は東トルキスタンでどのぐらいいられるのか。

トルコのイスタンブール新市街にあるチャーラヤン(Caglayan)広場で7月12日午後大規模抗議デモ、会議がある。百万人の参加者が集まるだろう。トルコ各地で反中抗議活動は広がっている。

ウイグル太郎
2009年7月12日


2009年7月12日
ウイグル太郎
この情報は3568 回訪問されました。

東トルキスタン共和国亡命政府©2004-2015

Valid XHTML 1.0 Strict! Valid CSS!